2008年から奈良県御所市で有機農業を営む。  御所市僧堂113-2    営業日 土曜   10:00~17:00     冬季休業11月~3月    Email matunagahatake @goo.jp          ℡090-2929-2958
by matsunagahatake
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
暮らしを紡ぐくらし
f0336127_22315731.jpg


販売所で空いた時間を利用して卓上織り機で織物をしている令子さん。


f0336127_22301212.jpg

わっかのぱんや和のパンも並ぶ。


それぞれの活動が合わさってこの販売所が形作られる。
スタッフはこの販売所で販売されている物の作り手さん。生業としている人も、趣味にしている人も、共に協力してこの場所はある。

これからも、わっかのぱん和さんが店番してくれる時にはパンを持ってきてくれる予定。しいたけと昆布のベーグルがなんだかやけに美味しい。
ついつい2回も食べてしまう。

f0336127_22294701.jpg
先日は知り合いで6名予約が入り、ランチを特別に作ってみる。

尾島氏の生ハムと協働学舎のチーズでオープンサンドを2種類。サラダと蒸し焼き野菜。グリンピースのポタージュ。

予約制ならランチも受け付けられるかな?



f0336127_22302670.jpg
じゃがいもが花を咲かせる。
「早く食べたい」という欲求はあるけれども、待つ喜びを知れば不思議と待てる。
買えば食べられるのだが、無い物は無いの習慣がついているので、苦にならずに食べないと言う選択もできるのだから人は不思議だと思う。

花が上へ飛び出ているのは肥料の効きすぎ。
どうしても毎年効かせすぎてしまう。減らしているのだけど・・・。

ちなみに、じゃがいもはナス科。トマト、ナス、ピーマンの仲間。花を見ればわかるけど、その姿からはなかなか想像はつかない。

f0336127_22304475.jpg

レタスは高温長日条件で花が咲いてくる。
だから夏は無い。夏にサラダ食べたいけど実はその時期には出来ない。トマト、キュウリ、レタスの日本の定番サラダはなんともトンチンカン。
スーパーへ出かければそんなこと気にせず買い物が出来るのだから、日本て素晴らしい。


f0336127_22305843.jpg
週に2日販売所に出て、あと2日は出荷、残りの3日が作業日となる。

1haの畑を普通はこのスケジュールでは回らない。
どうするものか・・・。
と言っても作業の合間を見て、ザリガニ釣り。



自由と言うことを勘違いしてる人は多いように思う。
本当は柵の中にあって、休みが無い私にもある。
日々の暮らしの中に転がっている幸せを一つ一つ拾い集めれば、自由は無限に広がって行く。

どの時代も人は忙しく働いて生きて来た。
日曜日があって、寝転がってテレビを見る時間が自由なのだろうか?
そういう時間も良いけれど、私は忙しい合間に子供たちと遊ぶ時間に自由や喜びを感じることが多い。

人の生き方はそれぞれ、ここに来る人で日々の暮らしに苦しみを感じる人もいる。私もそうだけど、農業なんか色々な場面で苦しみはある。
でも、そんな日常の中に必ず自由は存在する。

ダライ・ラマは言った。
「自殺者の多い日本人にメッセージはありますか?」の記者の質問に「海外に行ってボランティアをしなさい。」「そこには自分よりも困難で辛い世界がある。そして助けなさい」と。

この販売所は日々の暮らしの中に自由や喜びを探す場所ではないだろうか?




[PR]
by matsunagahatake | 2014-05-18 23:35 | 日記
<< まつなが畑 野菜セット定期便のご案内 販売所と私たち >>