2008年から奈良県御所市で有機農業を営む。  御所市僧堂113-2    営業日 土曜   10:00~17:00     冬季休業11月~3月    Email matunagahatake @goo.jp          ℡090-2929-2958
by matsunagahatake
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
カテゴリ:日記( 18 )
農業とピクルス
f0336127_01172607.jpg
今年のナス。
この地域に多い白絹病という病気が大発生している。どんどん枯れてほぼ一畝全滅する勢い。
残りのナスもアブラムシ被害で厳しい。

これだけ大発生したのは初めての事。
この病気は未熟有機物に繁殖する為、有機農家には厄介もの。今年は堆肥を入れたのが失敗だったか?有機農家では土づくりが大切だと言うが、その方法を間違えると大きな被害を被ることになる。

ナスは二月に温床に種を播いて、出来るのは6月中ごろから。
途中、害虫被害で獲れなくなるが秋ナスが再び出来るから、長期戦になる野菜なのだが、こんな初期に無くなるのは困ったもの。


有機栽培のリスクと言えば当然だが、農家としてこれでは収入にならないし、枯れて行くのを見守ると言うことしかできない辛さは精神状態を揺るがす。
余裕があれば受け入れられるのだが・・・。

どれだけ周りの人に「有機農業は必要だ」と言われても「もう辞めたい」と思うことは毎年のようにある。
これから先、何か先行きがある訳でもなく、年を取ると共に転職は難しくなる。
年金も払っていなければ、子どもに何かを残してやると言うことも出来ない。
奈良のような山間地の農家はどこも厳しいだろう。

休み明け、私は色々なものを犠牲にしながら農業を続けることを決めた。
だが、それも多くの人の協力と理解が無ければ続かない。そんな危うさの上に私たちは立っている。

今、やっている全ての事は着実というより、悪あがきに過ぎない。

f0336127_01170775.jpg
ピクルス用キュウリが取れ始める。
毎年作っているのだが、在来種の為、病気に弱く作りにくい。
だが、このキュウリのピクルスは格別でディルと共に我が家では外せない野菜だ。

今日は販売所でピクルスを漬ける。

f0336127_02194547.jpg
f0336127_02195916.jpg

キュウリ、玉ねぎ、ニンニク、ディル、ローリエ、ブラックペッパー、ハラペーニョを押し込む。
ブラックペッパーと調味料以外は全て栽培したもの。

ディルはキュウリのピクルスに最高に合う。

f0336127_02204062.jpg
f0336127_02220833.jpg
ピクルス液を流し込み、脱気する。
これで1年以上食べられる。嬉しい。

カフェのオープンサンドの付け合わせにも出せる。
これでタルタルソースも最高に美味しい。

f0336127_02212820.jpg
f0336127_02213997.jpg
液が余ったので、ハラペーニョのピクルスと人参、玉ねぎのピクルスも作っておく。

保存食作りも、こうして販売所がオープンして時間をかけて作れるようになった。
暮らしを紡ぐ販売所は物、時間、労働、全てを通して暮らしを紡いでいく場所のように思う。

決して利益優先の場では無く、ここに携わる人、利用するお客様、全ての人において暮らしを紡いでいく。
そんな感覚がここを訪れる人と共有できればと思う。


農業という業をしていても、利益以外の部分で暮らしが整うということ、保存食があると言うことはどこか安心感がある。
農業は厳しいし、社会の中で先行きの不安もあるが、一つずつ積み木を積み上げるかのように暮らしと密着してやっていきたい。

一度崩れても積み上げることはできるかな。


[PR]
by matsunagahatake | 2014-06-14 02:43 | 日記
人の繋がり

f0336127_20273156.jpg


暮らしを紡ぐネットワークの実体って何だろう?
2年前に始まったこのネットワークは何時も何かを求めながら、でも雲を掴むような・・求めるものが見えていても実感として手のひらに感覚があるような物ではなかった。
そして今も。

何故この販売所が皆の協力のもとにオープン出来て皆と協力しながら営業出来るのか?

例えば「このネットワークを解散します。」と言っても、「暮らしを紡ぐ販売所」と言わずに「まつなが畑販売所」にしても、恐らく何も変わらないだろう。
それは、仕組みや組織があるから繋がっているのではなく、何か特別な目標があるのではなく、人と人が当たり前の人付き合いのように、友人関係のように繋がっているからだろうと思う。

それぞれが自分たちが必要として必要とされている関係。
お互いが助け合って何かをするということ、つまり共同は日々の暮らしの中に、ごく当たり前に存在するものだろう。
それがこの販売所という場所を生み、私たちの暮らしを紡いでいく。

時代はどんどん変わって、私たち自身もまた常に変化している。
繋がり方もソーシャルネットワークの割合が大きくなってきた。
そんな中、顔を合わせて話すと言う一番シンプルで当たり前な繋がり方を大切にしてきた。

しかし、販売所を共同的に経営する中で集まりという場を設けることが難しくなっている。
スタッフはこの場所に月1回以上足を運ぶことが可能だろうか?

大きな壁は距離だ。

その時、私たちを繋げるのは信頼やお互いを想い合う意識。
意識は時間と距離を越える。

ここに集う仲間をどう繋げていくかが私の役割。
最近メーリングリストをようやく立ち上げた。ただ必要事項の連絡として使用するという制限をつけている。

時代の変化の中で、顔を合わすと言うことを基本に意識によっての繋がりを試みたい。
顔を合わすことが少なくても、情報が少なくても、お互い想い合えば人は繋がりあえると私は確信している。
その上でソーシャルネットワークも上手く使っていければとも思うが・・。



上の写真は今販売所のカフェで出しているまつなが畑で採れた無農薬イチゴのイチゴシェイク。


f0336127_20294450.jpg


先日、息子の友達が遊びに来たとき女の子二人に手伝ってもらってニンニクの皮を剥いた。これ結構時間が掛かる。
息子は「めんどくさ~い」と手伝ってくれなかったけど・・・。農家の息子らしく育っています。
助かりました!ありがとう!




[PR]
by matsunagahatake | 2014-06-04 01:50 | 日記
食べ物格差と販売所
f0336127_00152578.jpg


夏野菜の植え付けが一段落する。まだ、ゴーヤやツルムラサキなど植え無ければいけない苗が少しあるが。

遅霜の心配が無くなる5月から一気に夏野菜の植え付けが始まる。
トマト、ナス、ピーマン、かぼちゃ、きゅうり、インゲン、オクラ、エンサイ、モロヘイヤ。

とにかく、気温が一気に上がる5月は一斉に成長を早めるので、時間との勝負。
4月に植え床の準備が出来ていれば良いのだが、何時もながら植える場所に肥料すら撒いていないところが多く植え付けに手間取ってしまう。

ようやく、一通り植え終わった頃には5月も残り僅か。。
次は支柱や芽かき、誘引など管理に追われ、7月に入れば秋、冬野菜の種まきへと続く。


去年体調を崩し休んで、4月から再開した野菜セット。
自分たちの想いを中心に経営をしてきたが、このままでは体力が持たないと、再開をきっかけに農業を続けられる価格と言う考えに変えて値上げ。
同時に送料が上がり大幅な値上げになった。

お客さんももちろん減ったけれど、
この先、次の世代へどういう形でバトンタッチすればいいのか?答えは見えないが、同時に新しい試みとして販売所をオープンさせた。
野菜の価格の問題は、減ったお客さんは買えない価格だったということ。食べ物にも格差が起きたことになる。
有機野菜は高級品か?

高級品としてでも私たちは農業を次の世代へとバトンタッチすることを選んだが、価格、食べ物格差の問題は次へと先送りにしたことになる。

販売所では作り手がスタッフとして働き、労働と交換条件に食べ物、暮らしの物の価格を出来るだけ値引きすることで格差を縮める取り組みをしている。
それは、私たちスタッフの暮らしがここで豊かに変わって行くことを目的として、自立的、自給的な生き方を表現していきたい。

その上でここへ足を運んでくださる、お客さんに暮らしの提案が出来るのでは?と考えている。

私は有機野菜やここで販売されているものが正しいと言う考えは持っていない。
形として見えている物ではなく、そこに込められている私たちの想いや意志が皆さんに伝わるものであってほしい。

暮らしと言うのはそれぞれの家族や地域によって違って当たり前で、食べ物であっても有機野菜が良いのではなく、身の回りにある食べ物がどう心をこめて作られている物なのか?が大切な事で、それらを感じ取れる暮らしを提案していきたい。
それは、値上げで買えなくなったお客さんと私はまだ共に歩んでいて、有機野菜が買えなくなっても暮らしはどんどん豊かになって行くということをこの販売所では伝えていきたい。

また今日、明日、販売所営業します。



f0336127_00151567.jpg

植えっぱなしで2年目のイチゴが爆発的にとれる。
先回の営業日に傷んでいるところを取り除き、選別し、冷凍する。

明日から、イチゴシェイクをしばらく販売します。
無農薬イチゴと木次牛乳と木次のヨーグルトを使って420円。テイクアウトもできます。











[PR]
by matsunagahatake | 2014-05-30 01:23 | 日記
タツミヤスオ竹工芸展
f0336127_19293797.png


販売所で販売させていただいている竹かごの辰巳さんの個展が今日から大阪で始まるとご連絡いただきました。
辰巳さんのHP

辰巳さんとは以前、野菜と物々交換をして、我が家でも使わせていただいています。
その編み目がとても美しくて使っていても、とても心豊かになります。


ホームセンターに行けば安い竹かごはありますが、もちろん全く違うもの。
とても丈夫で、その美しさは置いてあるだけその空間が変わります。
我が家では3,4年は使っていますが使い込むほどその美しさは増していきます。

辰巳さんと言うお人柄も素敵な方です。
是非皆さんに見ていただきたいです。






[PR]
by matsunagahatake | 2014-05-26 19:38 | 日記
小さな大切なもの
f0336127_01115733.jpg
夕方、久しぶりの雨が降ってくれる。
今日は心も体も休養モード。

エンサイ、モロヘイヤを植えたかったのだが、植える場所を準備している間に雨が降ってきたので18時前には切り上げ休養に。
今日はゆっくり家族と食事もとれた。
こうしてブログを書いたり、ゆっくりと事務仕事をする時間が有難い。


こういう時、ふと過去に出会った人の事を思う。
私たちは多くの人の助けがあって今がある。

その人たちの中には身体や心が大丈夫かな?と心配な方もいる。

人は今と言う時間の中で生きているが、気づけば思いもしない生き方をしていたということもある。
全ての人が苦しみ無く生きることを願うが、決して世の中はそうではない。
そういうことを考えると心が締め付けられる。

私は福島で多くの苦しみを見て来た。
そして、ここ関西でも苦しみを感じ暮らしている人たちがいる。

同じ過ちは繰り返したくない。
私たち大人は子供たちにどういう生き方を見せるのか?

この世の中がどれだけ素晴らしいかを伝えていきたい。

f0336127_01111930.jpg
日々の暮らしの中で小さな大切な物を一つずつ集める。それは何れ多くの宝物となり生涯の糧となるはず。

販売所ではどれも心のこもった素晴らしい暮らしのものを販売している。
私はどれも作り手を知っているから全てのものに思入れがあるものたち。
それはただの道具としてではなく、使い手の心にそっと寄り添い共に生きる道具たち。



私たちは社会と言う仕組みの中で生きているけど、
その社会をより良いものにしたいと多くの人は願ってる。そして、ここにあるものは全てそいうした願いが込められて作られている。

理論や理屈ではない、私たちの意識は社会の中に確実に存在する。
だからこそ、私たちは日々手間暇をかけて作りだし、皆さんの手元へと届けたいと思う。

皆さんの無意識の中に小さな大切な物を一つ落とせれる存在でありたい。

f0336127_01122126.jpg

[PR]
by matsunagahatake | 2014-05-20 22:04 | 日記
暮らしを紡ぐくらし
f0336127_22315731.jpg


販売所で空いた時間を利用して卓上織り機で織物をしている令子さん。


f0336127_22301212.jpg

わっかのぱんや和のパンも並ぶ。


それぞれの活動が合わさってこの販売所が形作られる。
スタッフはこの販売所で販売されている物の作り手さん。生業としている人も、趣味にしている人も、共に協力してこの場所はある。

これからも、わっかのぱん和さんが店番してくれる時にはパンを持ってきてくれる予定。しいたけと昆布のベーグルがなんだかやけに美味しい。
ついつい2回も食べてしまう。

f0336127_22294701.jpg
先日は知り合いで6名予約が入り、ランチを特別に作ってみる。

尾島氏の生ハムと協働学舎のチーズでオープンサンドを2種類。サラダと蒸し焼き野菜。グリンピースのポタージュ。

予約制ならランチも受け付けられるかな?



f0336127_22302670.jpg
じゃがいもが花を咲かせる。
「早く食べたい」という欲求はあるけれども、待つ喜びを知れば不思議と待てる。
買えば食べられるのだが、無い物は無いの習慣がついているので、苦にならずに食べないと言う選択もできるのだから人は不思議だと思う。

花が上へ飛び出ているのは肥料の効きすぎ。
どうしても毎年効かせすぎてしまう。減らしているのだけど・・・。

ちなみに、じゃがいもはナス科。トマト、ナス、ピーマンの仲間。花を見ればわかるけど、その姿からはなかなか想像はつかない。

f0336127_22304475.jpg

レタスは高温長日条件で花が咲いてくる。
だから夏は無い。夏にサラダ食べたいけど実はその時期には出来ない。トマト、キュウリ、レタスの日本の定番サラダはなんともトンチンカン。
スーパーへ出かければそんなこと気にせず買い物が出来るのだから、日本て素晴らしい。


f0336127_22305843.jpg
週に2日販売所に出て、あと2日は出荷、残りの3日が作業日となる。

1haの畑を普通はこのスケジュールでは回らない。
どうするものか・・・。
と言っても作業の合間を見て、ザリガニ釣り。



自由と言うことを勘違いしてる人は多いように思う。
本当は柵の中にあって、休みが無い私にもある。
日々の暮らしの中に転がっている幸せを一つ一つ拾い集めれば、自由は無限に広がって行く。

どの時代も人は忙しく働いて生きて来た。
日曜日があって、寝転がってテレビを見る時間が自由なのだろうか?
そういう時間も良いけれど、私は忙しい合間に子供たちと遊ぶ時間に自由や喜びを感じることが多い。

人の生き方はそれぞれ、ここに来る人で日々の暮らしに苦しみを感じる人もいる。私もそうだけど、農業なんか色々な場面で苦しみはある。
でも、そんな日常の中に必ず自由は存在する。

ダライ・ラマは言った。
「自殺者の多い日本人にメッセージはありますか?」の記者の質問に「海外に行ってボランティアをしなさい。」「そこには自分よりも困難で辛い世界がある。そして助けなさい」と。

この販売所は日々の暮らしの中に自由や喜びを探す場所ではないだろうか?




[PR]
by matsunagahatake | 2014-05-18 23:35 | 日記
販売所と私たち
f0336127_17492767.jpg
販売所を初めて明日で5日目のオープン。
お客さんはまだまだ少なく、一人も来られない時もある。

そんな時はカフェメニューの試作をしたり、話をしたりして時間を過ごしている。


この販売所の目的は共同と商売。
スタッフの日当は野菜と販売所の商品の割引で支払われる。
スタッフの暮らしがこの販売所で働くことによって豊かになることが目的の一つで、ここでは生活費を稼ぐのではなく、それぞれの手作りされた暮らしのものをそれぞれが購入し、暮らしの中で使うことで協力して自給自立し暮らしを少しずつ紡ぐように作って行きたい。その結果、お互いの現金収入へと少しでも結びついたら嬉しい。

商売とは利益追求を一番の目的にするのではなく、作り手が見えたり、意志があったり、想いがある手作りされた物を真っ当な価格で売り買いする行為を通じて、作り手、売り手、買い手が共に歩み、それぞれの暮らしに影響を及ぼす手段として、この販売所の商売がある。

社会の血液のような貨幣は、どういう意思でどういう性質のものか?で社会に及ぼす影響は違うし、滞りなく、動くことで社会は動いていく。


家族、仲間という小さな社会が、一歩前へ踏み出した。
それがこの販売所。
f0336127_17490829.jpg
f0336127_17483105.jpg
f0336127_17485039.jpg



意識のある気持ちのこもった物に囲まれ、美味しい物に囲まれたこの場所は、ここに居るだけで心地よく気持ちが良い。
少しずつ成長しながら皆と共に歩もう。
f0336127_00111511.jpg

Menu

当店はモカマタリ(イエメン産)の豆を丁寧にハンドピック(選別)し、自家焙煎した深煎り珈琲です。しっかりした苦みと、コク、モカマタリ特有のワインフレーバーと称される素晴らしい香りを持った珈琲です。冷めても美味しいのが深煎りの特徴ですので、是非ごゆっくりお楽しみください。また、カフェオレもお勧めです。苦みが苦手と言う方も是非お試しください。

 

珈琲      

一般的な抽出温度よりも低く、点滴抽出法によって丁寧に淹れた珈琲です。しっかりしたコクと苦みがある濃厚な味わいです。熱い時は香りを、ぬるくなる時は味を、冷めてからはすっきりとした味わいになります。他では見られない深煎り珈琲をごゆっくりお楽しみください。

         150cc  400(テイクアウト 出来ます)

アメリカン珈琲

気軽にたっぷり飲めるようアメリカンに淹れました。テイクアウトをイメージした珈琲です。旅路でも自家焙煎のモカマタリを如何でしょうか?

200cc  380(テイクアウト 出来ます)

カフェオレ        

苦味の利いた当店の豆を濃く抽出した珈琲に甘味豊かな奥出雲の木次牛乳を37で加えました。しっかりした珈琲の旨みに、ミルクの甘味とコクが感じられます。

               500アイス530(テイクアウト 出来ます)

アイスコーヒー 

深煎りならではのキリッとした味わいが楽しめます。

              450(テイクアウト 出来ます)

オーガニック アップルジュース

マインクラングはビオディナミ農法による醸造所としてオーストリアを代表するワイナリーの100%アップルジュース。酸味の効いた、とても濃く、豊かな味わいです。氷を入れずにゆっくり飲むのもお勧めです。

              400(氷無しの場合はお申し付けください)

(テイクアウト出来ます)

 

 

(裏面にFoodalcoholメニューあります)


 Food

揚げパン

奈良市のパン屋ノモケマナさんの自家製天然酵母のコッペパンを揚げ、自家製シロップを塗り、荒砂糖をまぶしました。小さめのしっかりした噛みごたえのある揚げパンです。珈琲のお供に是非お召し上がりください。

          1個  180(テイクアウト、カット出来ます)

田舎パンのシンプルなオープンサンド

奈良市のパン屋ノモケマナさんの自家製天然酵母の田舎パン(カンパーニュ)に、素材を生かし、あまり手を加えず乗せました。珈琲やビールと共に如何でしょうか?

                300

尾島氏の国産生ハム

国産生ハムの先駆者 尾島博氏による本格生ハムです。豚ももと塩のみを使用し、一年以上熟成したものです。

ご注文ごとに切ってお出しします。(田舎パン単品 2枚 250円)

                   550

 

Alcohol

国産エールビール(ヤッホーブルーイング)

エールビール(上面発酵)ならではのコクと香りが特徴です。日本のビールのほとんどはラガービール(下面発酵)で、のど越しと切れ味が特徴で、夏にゴクゴク飲むと美味しいですが、エールビールは冬でもゆっくり時間をかけて飲めるビールです。13度が最適と言われ、ゆっくり時間をかけて飲むのもおススメです。

                  620

国産エールビール 黒(ヤッホーブルーイング)

深く焙煎した小麦を使用した黒ならではの深いコクと濃厚な味わいは本場イギリスの黒ビールを思い起します。深煎り珈琲好きには必ず共通する美味しさがあります。是非、お試しください。

                  670








[PR]
by matsunagahatake | 2014-05-16 00:23 | 日記
オープン
f0336127_20461823.jpg
去年の夏、体調を崩し、農業を半年休むことにした。
「これで時間が出来る、頭の中にあった販売所を始めよう」と心に決めスタートした。

休みに入ってから体調は一向によくならず、畑に出ることを止めて何も考えず休養することに。
私たちは子供が出来て農業を始めて、それ以降子供と一緒に遊びに出掛けるということが出来なかった。休養に入り、就農以来初めての海水浴へ、しかも2回。

冬になり体調も少しずつ戻り、年内は夏に何もしていなかった荒れた畑の片付け。ひと夏管理されていない畑を片づけるのは大変だった・・・。

そして、年明けいよいよ販売所の改装へと入った。
オープンまで1ヶ月間は3,4時間の睡眠でどこで寝ているのか?分からない状態だったけど、仲間の力を借り、準備不足ながら何とか5月2日オープンにこぎつけた。
農業との両立は普通では不可能だが、仲間の支えがあったからこそ、乗り越えてこれた。
ありがとう。

私の体調もいつの間にか戻り、以前のナマケモノから少しは働き者に近づけたか?



去年から何度も、暮らしを紡ぐネットワークの仲間と打ち合わせをし、共同を意識した場所にしたいと進めて来た。
色々な暮らしの物の作り手が、野菜との物々交換でスタッフとして雇い入れ、スタッフの暮らしを支える場所として、この販売所は運営される。

働くとはどういうことか?共同、協力して暮らしが作られると言うことを実践し、社会の経済と結び付けていきたい。

私が理想とするもの、夢見る物は、決して特別な物ではなく、ごく普通の暮らしの中にあるもの。
日々の暮らしの小さな幸せを一つ一つ拾い上げるようなものでありたい。
作り手、食べ手、使い手。
売り手、買い手。
という区別はあっても同じ人として共に歩む者として、この販売所は運営される。

営業日は毎週金曜土曜日の2日間です。詳しくは→暮らしを紡ぐ販売所


f0336127_23150152.jpg

販売所が出来て、今年から小学校の息子に勉強場所が出来た。









[PR]
by matsunagahatake | 2014-05-07 22:52 | 日記